消費者金融からの借り入れ

<事案>

消費者金融から50万円を借入したが、1年ほど返済した後は支払いが滞り、遅延損害金を含めて150万円ほどになっており、債務整理を検討していたという事案。
 

 

<解決に至るまで>

残高債務  150万円
 

 

<最終的な結果>

他にも消費者金融からの借り入れがありましたが、去年時効の援用によって債務が消滅しました。もっとも、本件の消費者金融から債権譲渡を受けた債権者は、債務名義を取得しており時効の援用により債務が消滅しないため、任意整理(注1)によって返済することとしました。

本人が72万円を一括返済できる資力がぎりぎりあったことや、本人の強い意志もあり、あくまでも元金の返済を基本として交渉を開始したころ(あくまでも一括返済できたことが大きいが)が解決ポイントとなり、本来であれば、将来利息のカットにとどまらず、債務総額の半分以下である72万円という額で和解できました。
 

 

【用語説明】

(注1)任意整理

任意整理とは、弁護士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる手続。裁判所は関与しない。

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談 初回相談料 0円 TEL:0120-115-456 受付時間:10:00~19:00 メール受付