解決事例98

NO.98 債務整理 ⇒  6社の時効援用

<事案>

 消費者金融からの借入金につき,最後の弁済から5年から10年を経過しているので消滅時効(注)の援用をして,約1200万円の債務を0円で解決した事案。

 

<解決に至るまで>   各社の債務額と和解内容(概要)

○株式会社ジェーシービー

 0円で解決

 残債務額:約717万円

 最終弁済から10年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

 過払い金が発生している完済した取引があったが,完済から10年経過で請求できず

○アイフル株式会社

 0円で解決

 残債務額:約35万円

 最終弁済から5年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

○新生フィナンシャル株式会社

 0円で解決

 残債務額:約111万円

 最終弁済から5年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

 過払い金が発生している完済した取引があったが,完済から10年経過で請求できず

○SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

 0円で解決

 残債務額:約18万円

 最終弁済から5年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

 過払い金が発生している完済した取引があったが,完済から10年経過で請求できず

○パルティール債権回収株式会社

 0円で解決

 残債務額:約104万円

 最終弁済から5年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

○三井住友カード株式会社

 0円で解決

 残債務額:約317万円

 最終弁済から10年以上経過のため消滅時効援用,残債務支払義務なし

 

 依頼者様が「長く支払っていなかったが,現在の住所に住民票を移したら請求が来た。どうしたらよいか」とご相談いただいたのが始まりです。

 

<最終的な結果>

 債権者に内容証明郵便で消滅時効の援用をすることで,1200万円の債務の支払を免れることができました。

 

<担当者から>

 消費者金融,クレジットカード会社や債権回収会社から,最後の支払後5年経過している債務の請求を受けたときは,支払う必要のない債務かもしれないので,弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

【用語説明】

(注)「消滅時効」

 権利を行使しない状態が一定期間続くと権利を消滅させる制度(民法167条)。

 貸金業者の債務は,最終の弁済から5年間の経過で消滅時効完成となる。消滅時効完成後,援用することで効果が発生し,債務の支払を免れる。なお,消滅時効援用は,後日の証明のため,内容証明郵便でされることがほとんどである。