完済後10年近い過払回収 2

<事案>

クレディセゾンとポケットカードに対する過払い請求。

完済から約9年6か月が経過し、過払い金の消滅時効(注1)により回収ができない可能性がありました。

 

 

<解決に至るまで>

 各社の過払い金額と和解

○クレディセゾン

引き直し計算額:3万2,058円  和解額:2万円  2か月後支払い

○ポケットカード

引き直し計算額:66万3,618円  和解額:66万円  8か月後支払い

 

 

<最終的な結果>

時効完成が近づいているため、再計算と請求を急ぎ、時効完成までに和解することができました。

 

 

<担当者から>

過払い金は、最後の返済から10年間の経過で消滅時効が完成し、請求することができなくなります。「そういえば完済した消費者金融があったなあ」と思ったら早めにご相談ください。

 

 

【用語説明】

(注1)「消滅時効」

貸金業者が過払い請求に対し主張する抗弁。完済から10年を経過すると完済以前に発生した過払い金の請求ができなくなる。

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談 初回相談料 0円 TEL:0120-115-456 受付時間:10:00~19:00 メール受付