債務整理の事務所選び3つのポイント

債務整理の事務所選び3つのポイント

1.140万円以上の借金のある方は司法書士ではなく弁護士へ

2.支店展開している東京の事務所ではなく地元の事務所に

3.動きが早く、親切な対応をしてくれる事務所に

 

 

140万円以上の借金のある方は司法書士ではなく弁護士へ

平成15年の法改正により、司法書士に140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。

これにより、借金の金額が140万円以下の場合には、債務整理手続を弁護士だけでなく、司法書士に依頼することが可能となりました。

但し、下記のような違いがありますので、債務整理を依頼する際には以下の点に注意が必要となります。

 

自己破産・民事再生の場合

自己破産や民事再生は、地方裁判所に申立を行う必要があることから、司法書士には訴訟代理権がなく、司法書士は書類の作成のみを担当するので、申立は自分で行うことになります。

そのため、自己破産・民事再生の場合には、弁護士と司法書士のどちらに依頼するかで差が出てきます。

司法書士に依頼した場合には、あくまで本人が申し立てたことになりますので、裁判所との複雑な対応を要求されます。

以上のような違いから、自己破産・民事再生では、弁護士に依頼した方がメリットが多いようです。

 

任意整理の場合

借金の総額が140万円以下で任意整理を依頼する場合や140万円以下の過払い金の回収を依頼する場合には、司法書士にも交渉権が認められていますので、弁護士と司法書士のどちらに依頼しても基本的には違いはありません。

過払い金が140万円を超え、任意での和解が困難な場合には、地方裁判所に訴訟を提起することになります。

地方裁判所では、簡易裁判所と異なり、原則として弁護士以外の人は代理人になることができませんので、貸金業者も弁護士に依頼せざるを得ず、弁護士費用が掛かることになります。

 

そのため、地方裁判所では、貸金業者が無駄な費用を抑えるために早期に和解に応じてくることが多くあります。

このことから、実務では弁護士を代理人にして、過払い金が140万円以下の場合にも、数名を集めて集団訴訟を提起したり、早期に解決させるという方法をとっています。

このような実務上のテクニックを駆使できるかどうかも、弁護士と司法書士の違いとなります。

 

手数料(費用)の違い

自己破産や民事再生の場合は、弁護士が代理人となる場合と司法書士が書面作成のみを行う場合とでは、仕事量が異なってきますので、一般的には代理人として交渉・訴訟代理を行う弁護士の方が費用はかかると思います。

弁護士の場合も司法書士の場合も、依頼を受ける手数料をどのように定めるかは自由となっていますので、手数料の差は、弁護士か司法書士かではなく、各事務所の方針によって異なることとなります。

依頼する時点での着手金が発生するのが一般的ですが、分割支払ができる事務所もあります。

当事務所では分割支払いにも対応しております。

 

 

支店展開している東京の事務所ではなく地元の事務所に

1.借金からの解放・生活再建のためには,弁護士等との面談が不可欠

東京や大阪の事務所が全国展開をして、大量に事件を受任しています。

中には数少ない弁護士や司法書士に対し膨大な数の事務職員をかかえ,弁護士や司法書士が面談をしないまま,事務職員との電話連絡・書面送付や面談のみで債務整理手続きを行っている事務所もあります。

東大阪地域でも積極的に宣伝を行っています。

しかし,債務整理は,債務者(依頼者)の生活の再建を図る手続きであり,そのためには専門的な法律知識が不可欠です。

債務整理に関して,弁護士が依頼者(相談者)との面談をしないことから,依頼者との間でトラブルが多々発生しました。

そこで,日本弁護士連合会は,平成21年7月17日理事会において,弁護士が依頼者と直接面談を行い,債務の内容,生活状況等を聴き取り,債務者の現状を十分に把握した上で事件処理についての見通し等を説明すべき(「直接面談の原則」)とするなどを内容とする「債務整理事件処理に関する指針」を発表しました。

当事務所では,いうまでもないことですが,最初から経験豊富な弁護士が直接相談に応じております。

 

2.費用的にも,地元の弁護士に依頼する方が有利

自己破産や過払い金返還訴訟など裁判になったときは,依頼した弁護士が,遠方の弁護士であれば,出張旅費や日当がかかる事務所もあります。

また,依頼者から弁護士に遭いに行こうと思えば,当然旅費等がかかります。

当事務所では皆様の負担をできだけ軽くできるような料金設定を心がけています。

 

 

動きが早く、親切な対応をしてくれる事務所に

1.貸金業者にはそれぞれクセがある

借金減額や過払い金交渉に関して,各貸金業者の対応にはそれぞれクセがあります。

それらのクセを熟知して,適切な対応によれば,早期に解決できる場合もあります。

やはり,債務整理に関して,経験豊富な事務所を選択すべきです。

 

2.親切な対応

借金整理の相談に来られる方は,そのほとんどが,借金返済に疲れ,不安を抱えている人です。やはり,親切に事情を聞き取り,適切な対応をしてくれる事務所を選ぶべきです。

 

3.動きの早い事務所へ

支店展開をしているような事務所は、一人の依頼者の方に割く時間には限りがあり、大量の件数を扱うため、対応が遅くなりがちです。

当事務所は、抱える案件数に制限を設けて、親身で素早い対応を常に実現できるようにしております。

 

借金の整理は容易な事柄でも、簡単な事柄でもありません。人生に関わる大きな決断ですので、不安を抱くのは当然です。親身にじっくり相談を聞くことで最適なご提案をさせて頂きます。

 

また、借金返済に疲れ、不安を抱えていますので、親切に事情を聞き取り、適切な対応をしてくれる事務所を選ぶべきです。

 

東大阪地域の借金問題解決をサポートさせていただきます。

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談 初回相談料 0円 TEL:0120-115-456 受付時間:10:00~19:00 メール受付