債務整理とは

債務整理とは

 

債務整理とは

債務整理とは、多額の借金を背負ってしまい、多重債務に陥ってしまった場合に債務者を救済する方法です。
ご自分で手続をしたり、交渉をすることも可能ではありますが、我々弁護士のような専門家が代理する場合に比べ、過程においても、結果においても、違いが出てくるのが現状です。

弁護士に依頼した場合のメリット

1.弁護士から貸金業者に対して、取立ての停止が強制できる
2.借金や資産に応じて、正しい借金の金額をスピーディに計算できる
3.借金の中身に違法性があった場合(たとえば法外な金利で貸し付けられていた)、それを正しい借金の金額になるまで、取り戻すことができる
4.自分は貸金業者と話したりする必要がなくなり、心理的な負担がなくなる
5.何千、何万人もの債務者と交渉してきている債権者との交渉で、経験がないことによって不利に陥ることがなくなる
が挙げられます。

一般的には、
1.まず正しい借金の金額を知るために、法定外金利で借りているかどうか試算し、あった場合には取り戻すよう過払い金返還請求をする

2.それと同時に、正しい借金の金額、所得、資産を考慮して、正しい債務整理の方法を選ぶ。
一般的に、個人の債務整理には「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」の4つの方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあるので、、それぞれの方法を理解し、自分に適した方法を選択する。

3.正しい方法を選んで、手続や交渉を進めていくと、最終的に和解もしくは判決で今後の方針が決まる。帳消しになる人もいれば、負債額が返済できるレベルに減ることも多い。

自分に適した方法が何かわからない場合には専門家にご相談ください。
皆様にとって最適な方法をご提案致します。

 

債務整理の4つの方法

詳しくは下記をクリックしてください。

>>和解で借金を減額する任意整理

>>借金をゼロにする自己破産

>>マイホームを残すことができる個人民事再生

>>裁判所を通じて借金を減額する特定調停