自己破産の事例

2021年06月03日

NO.351 債務整理 ⇒ 破産申立

<事案>  お父様が会社でリストラされ生活費がなく、お母様も体調を崩し、会社に就職したものの、体調を崩し、失業の末、破産手続きで救済された事案 <依頼に至る経緯>  依頼者様は結婚し、子供が生まれた後、離婚に至りました。依頼者様は、シングルマザーで可能な限り仕事をして生活をしてきましたが、元夫からの支援がなく、生活は厳... 続きはこちら≫

2021年05月27日

NO.350 債務整理 ⇒ 浪費と破産免責

<事案>  オンラインゲームでの課金を繰り返し,免責(注1)に問題はあるが同時廃止事件(注2)として申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数  4社 残債務額  約400万円 浪費額   約150万円 <最終的な結果>  友人と参加していたオンラインゲームでの課金額が増え,クレジットカードで決済することで借入が増... 続きはこちら≫

2021年05月13日

NO.343 債務整理 ⇒ 破産申立と自由財産

<事案>  破産申立で保険につき自由財産拡張申立(注1)をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数  11社 残債務額  2750万円(住宅ローン残債務を含む) 財産    自由財産拡張財産:保険解約返戻金70万円 <最終的な結果>  ご本人は,ご自宅を残すことを希望したので,住宅特則付き個人再生手続(注2)での解決を... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.334 債務整理 家族のご病気等で、破産同時廃止事件にて救済された事案

<事案>  度重なるご家族のご病気から預貯金を費消し生活費の借入となり、債権者への返済が不可能になり、ご相談の末、破産手続きで救済された事案 <依頼に至る経緯>  依頼者様は、結婚した妻が病気で働けなくなり、収入が減り、通院費等の出費が嵩み、貯金を全て消費した後、生活費の工面で債権者から借入を始めました。  依頼者様は... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.333 債務整理 ⇒ 生活保護受給(法テラス)と破産申立

<事案>  生活保護受給中に法テラスの代理援助(法律扶助)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   6社 残債務額   約110万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人はご主人の収入で病気療養をしていましたが,コロナ禍でご主人の収入が激減し,また,ご主人も持病が悪化したため夫婦共... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.332 債務整理 ⇒ 法テラス利用と破産申立

<事案>  月々のパートの収入では,弁護士費用捻出が難しいので,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   4社 残債務額   約150万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,ご主人の失業中の生活費捻出のための借り入れ,次第に金額が増... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.331 債務整理 ⇒ 法テラス利用と破産申立

<事案>  失業中の生活費を捻出するための借入につき,弁護士費用捻出が難しいので,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   7社 残債務額   約500万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,失業中の生活費捻出のための借り入れ,次第... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.330 債務整理 ⇒ 生活保護受給(法テラス)と破産申立

<事案>  生活保護受給中に法テラスの代理援助(法律扶助)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   10社 残債務額   約190万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は警備員のアルバイトをしていましたが,コロナ禍で勤務日数が激減し,生活費の捻出も難しくなり,また,持病も悪化し... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.329 債務整理 ⇒ 生活保護受給(法テラス)と破産申立

<事案>  生活保護受給中に法テラスの代理援助(法律扶助)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   7社 残債務額   約490万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,ご両親の自営業を手伝っていましたが,廃業後は持病の悪化で勤務できなくなり,生活保護を受給することにしました。... 続きはこちら≫

2021年04月08日

NO.327 債務整理 ⇒ 個人再生と破産申立

<事案>  収入状況では個人再生(注1)が可能と思えたが,本人の希望と定年退職が近いため破産申立(同時廃止事件,注2)をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数 4社 残債務額 470万円 資産   特になし 収入状況 本人月額給与23万円,支出(生活費)17万円,余剰6万円 <最終的な結果>  家族の入院費を捻出する... 続きはこちら≫

2021年03月24日

NO.315 新型コロナウイルスの影響により収入が大きく減少し破産手続をした事例

<事案>  相談者は、個人タクシーの運転手として収入を得て生活していました。しかし、持病の悪化により、仕事を休みがちになり、収入が減少してしましました。所持していたクレジットカードなどで生活費の補填をしていましたが、徐々に借金の額が増え、更には、新型コロナウイルスの影響をきっかけに、収入が大きく減少してしまいました。借... 続きはこちら≫

2021年03月17日

NO.314 ゴム製品製造の個人事業をしていたが、従業員の退職を機に資金繰りが滞り、支払不能であることから、破産手続をした事例

<事案>  相談者は、ゴム製品の工場で働いていた経験を活かし、個人事業主として独立して仕事を始めました。以前の経験や繋がりなどで徐々に経営は安定し、従業員も数名雇うようになりました。しかし、従業員の退職などで業務が苦しくなり、また、続いてメインで仕事を任せていた従業員も退職することになり、仕事が回らなくなました。大きな... 続きはこちら≫

2021年02月25日

NO.312 ネット販売の個人事業でをおこなうも、殆ど売上が上がらず、生活費不足のために借入れが増えてしまい、破産手続をした事例

<事案>  相談者は、インターネット販売の個人事業をおこない、また、フードデリバリーの仕事も行っていました。個人事業での売上も殆ど無く、生活費のために手元のクレジットカードを利用するようになりました。徐々に借金の額が膨らみ、当事務所に相談に来られました。 <解決に至るまで> 債権者数   12社 残債務額   約570... 続きはこちら≫

2021年02月25日

NO.311 債務整理 ⇒ 給与減額と破産申立

<事案>  学校一斉休校による給与減額と退職で破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   4社 残債務額   約380万円 財産     特になし <最終的な結果>  生活費の不足で借り入れた借金の返済をしていましたが,令和2年3月からの学校一斉休校により,勤務先の仕事が少なくなったことで給与が減額となり,... 続きはこちら≫

2021年02月04日

NO.310 債務整理 → 奨学金と失業による個人破産

<事案>  大学時代の奨学金と就職後の生活費の借入が嵩み、生活が安定せず、債権者から借金し生活困窮の末、破産手続きで救済された事案 <解決に至るまで>  依頼者様は、大学時代に奨学金を借り入れ、卒業後、プラント管理業務に就き、勤務時間が長時間だったため体調を崩し、退職することになりました。生活費のため債権者に借入れしま... 続きはこちら≫

2021年02月04日

NO.309 債務整理 ⇒ 廃業後の破産申立

<事案>  個人事業廃業後に破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   15社(事業での借入先を含む) 残債務額   約2100万円(事業での借入金を含む) 財産     特になし <最終的な結果>  個人事業をしていた際に借り入れた運転資金と生活費分を廃業後も支払っていましたが,支払が難しくなったため,破... 続きはこちら≫

2021年02月04日

NO.307 婚姻時に住宅ローンの保証人になり、離婚後に保証人として請求が来たため破産した事例

<事案>  相談者は婚姻後、居住用の不動産を購入するにあたり、住宅ローンの保証人になりました。その後、夫の不貞行為が原因で離婚することになりました。しかし、離婚後、住宅ローンの保証人として相談者のもとに請求の督促状が届き、当事務所にご相談に来られました。 <解決に至るまで> ○住宅ローンの保証債務  約定残債務:3,1... 続きはこちら≫

2021年01月14日

NO.304 転職後に体調を崩し失業した上、債権者からの一括請求で悩んだ末、破産手続きで救済された事案

<事案>  転職後に体調を崩し失業した上、債権者からの一括請求で悩んだ末、破産手続きで救済された事案 <解決に至るまで>  依頼者様は、転職と体調不良で失業に至り、自身の貯金を全て消費した後、生活費の工面で債権者から借入を始めました。生活保護を受給し不安の中、借金が膨らみ、返済ができなくなっていました。 <最終的な結果... 続きはこちら≫

2020年12月17日

NO.302 債務整理 ⇒ 廃業後の破産申立 3

<事案>  個人事業廃業後に破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   11社(事業での借入先を含む) 残債務額   約980万円(事業での借入金を含む) 財産     特になし <最終的な結果>  個人事業をしていた際に借り入れた運転資金と生活費分を廃業後も支払っていましたが,支払が難しくなったため,他の... 続きはこちら≫

2020年12月17日

NO.301 転職後に体調を崩し失業した上、債権者からの一括請求で悩んだ末、破産手続きで救済された事案

<事案> 依頼に至る経緯  依頼者様は、転職と体調不良で失業に至り、自身の貯金を全て消費した後、生活費の工面で債権者から借入を始めました。生活保護を受給し不安の中、借金が膨らみ、返済ができなくなっていました。 <最終的な結果>  借金の主な原因は、転職と体調不良で失業に至り、生活費の工面であったこと、依頼者様には預貯金... 続きはこちら≫

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談 初回相談料 0円 TEL:0120-115-456 受付時間:10:00~19:00 メール受付