自己破産の事例

2021年09月16日

NO.407 債務整理 ⇒ 破産と相続した不動産持分

<事案>  相続した実家の土地建物の共有持分(注1)があったため,破産管財事件(注2)として申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数  10社 残債務額  約2100万円(住宅ローン残債務を含む) 不動産価格 約160万円(固定資産税評価額による) 共有持分  4分の1(価格約40万円 他の親族2名と共有)   ... 続きはこちら≫

2021年09月16日

NO.405 債務整理 ⇒ 法テラス利用と破産申立

<事案>  子育て休職中の生活費を捻出するための借入につき,弁護士費用捻出が難しいので,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   6社 残債務額   約140万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,子育て休職中の生活費捻出のための借... 続きはこちら≫

2021年09月16日

NO.404 奨学金の借入れと生活費不足による借入れで借金が膨らみ、破産手続をした事例。

<事案>  申立人は、奨学金の借入れや生活費不足の借入れで多くの借金をかかえていました。当初、クレジットカードによる借入れにつては順調に返済をしていましたが、生活に余裕はなく、それに加え、奨学金の返済が始まったことから次第に返済が遅れるようになりました。徐々に借金が膨れ上がり、自力での生活立直しは困難と考え、当事務所に... 続きはこちら≫

2021年09月16日

NO.403 双極性障害により就労困難となり破産手続を申立てた事例。

<事案>  申立人は、生活費のために借入れやショッピングを繰り返し、徐々に借金の額が膨らんでいきました。月々の返済をリボ払いなどにし、毎月の返済を何とか行っていましたが、体調を崩し双極性障害と診断され、長時間の仕事が出来なくなりました。パートナーの収入に頼る状況の中で、自力での生活立直しは困難と考え、当事務所にご相談に... 続きはこちら≫

2021年09月16日

NO.401 生活保護受給中で、弁護士費用の捻出も困難だったため、法テラスを利用し、破産申立をした事例

<事案>  ご相談者は、過去にクレジットカードを利用し、借金が残ったまま長期間経過していたところ、債務名義に基づく動産執行の通知が届き、自分でどのようにしてよいか分からず、当事務所にご相談に来られました。 <解決に至るまで> 債権者数   5社 残債務額   約120万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご... 続きはこちら≫

2021年09月09日

NO.397 破産申立⇒免責を得ることができました

<事案>  会社の社長と付き合い始め、事業資金として消費者金融からお金を借りてくるよういわれ、求めに応じて、消費者金融から借り入れ、それを渡していたら400万円ほどになり返せなくなりました。 <最終的な結果>  病気で仕事が出来なくなり、水道光熱費など日々の生活費も足りなくなり、どうしようもなくなってしまい相談に来られ... 続きはこちら≫

2021年09月09日

NO.396 債務整理⇒免責許可決定を得ることができました

<事案>  離婚した元夫が、自身の個人事業の運転資金の工面のために、依頼者名義で消費者金融等からの貸し借りを繰り返し、債権が膨らんだために返済が困難となった方の債務整理事案(注1)。 <最終的な結果>  当初は離婚・慰謝料についての相談でご来所されました。離婚については速やかな解決に至りましたが、元夫が依頼者名義で借入... 続きはこちら≫

2021年08月19日

NO.387 元夫の保証債務と住宅ローンを抱えた方が破産手続をした事案

<事案>  相談者は元夫が事業資金として借入れをする際に、保証人となりました。その後、相談者名義で住宅ローンを組んで生活していましたが、離婚することになり、当事務所にご相談に来られました。 <解決に至るまで> 債務内容  元夫の保証債務 約1700万円  住宅ローン   約2300万円  その他の債務   約130万円... 続きはこちら≫

2021年08月19日

NO.378 債務整理 ⇒ 養育費受取と破産(法テラス利用)

<事案>  離婚後2人の子供の養育費を受取り,生活費にあてていたが,子供の成長で養育費の打ち切りにより生活費が不足し,借入が多額になったため,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立した事案。 <解決に至るまで> 債権者数   4社 残債務額   約180万円 財産     特になし <最終的な結... 続きはこちら≫

2021年08月12日

NO.376 債務整理 ⇒ 破産申立

<事案>  離婚後、転職した会社の転勤での異動が多く、生活費が足りず、破産手続きで救済された事案 <依頼に至る経緯>  依頼者様は元奥様と性格の不一致から離婚した後、転職することになりました。  その後、転職した会社は転勤の異動が多く、その都度、自費で引越費用や家具等の負担を強いられ、仕方なく、債権者より借入しました。... 続きはこちら≫

2021年08月05日

NO.371 債務整理 ⇒ 法テラス利用と破産申立

<事案>  失業中の生活費を捻出するための借入につき,弁護士費用捻出が難しいので,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   5社 残債務額   約150万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,入院・失業中の生活費捻出のための借り入れ... 続きはこちら≫

2021年07月28日

NO.369車椅子生活により就労困難な状況になり、借金の返済が難しく破産手続を申立てた事例。

<事案>  相談者は、祖母の介護や身内の不幸が続き、医療費や葬儀費などの支出を補うために借入れをしました。またご自身のご病気から、更なる医療費の支出が家計を圧迫し、徐々に借金の額が膨らんでいきました。何とか正社員の職を探していましたが、病状の悪化から車椅子の生活になってしまいました。そのため、自力での生活再建は困難と考... 続きはこちら≫

2021年07月07日

NO.364 浪費(買い物)により借金が膨らみ、支払い不能なことから破産申立をした事例。

<事案>  相談者は、会社員としてまじめに働き、堅実な生活を送っていましたが、一度腕時計を購入したのをきっかけに、大変気に入り、次から次へと腕時計を購入してしましました。当初は返済出来ていましたが、働き方改革の影響で勤務時間が減少したことから、月の収入も減少し、返済が困難になってしまいました。そのため、当事務所にご相談... 続きはこちら≫

2021年07月01日

NO.362 債務整理 ⇒ 法テラスの代理援助による破産申立

<事案>  家庭事情で大学を断念した結果、奨学金の返済と就職難から生活費がなく債権者への負債が大きくなったことから、破産手続きを選択した事案 <解決に至るまで>  依頼者様は、高校及び大学に奨学金を借りて生活されていました。家庭の事情により大学を断念した後は、アルバイトを複数掛け持ちながら生活をされていました。その後、... 続きはこちら≫

2021年07月01日

NO.359 債務整理 ⇒ 会社代表者の破産申立と自由財産

<事案>  代表者であるので会社と共に破産管財事件(注1)として申立をしたが,預金,保険及び自動車につき自由財産拡張申立(注2)をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   19社 残債務額   約8700万円 財産     自由財産拡張財産:預金28万,保険14万円,自動車52万円 <最終的な結果>  大阪地方裁判... 続きはこちら≫

2021年07月01日

NO.357 債務整理 ⇒ 奨学金返済と破産申立

<事案>  失業で奨学金の返還期限猶予をしていたが,猶予終了が近づいても返済が難しいため,法テラス(注1)の代理援助(法律扶助,注2)を利用して破産申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数   3社 残債務額   約570万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,自活するため医療系資格取得を目指... 続きはこちら≫

2021年07月01日

NO.356 債務整理 ⇒ 浪費と破産免責(法テラス利用)

<事案>  オンラインゲームでの課金を繰り返し,免責(注1)に問題はあるが同時廃止事件(注2)として申立をした事案。生活保護受給者のため,法テラス(注3)の代理援助(法律扶助,注4)を利用。 <解決に至るまで> 債権者数   6社 残債務額   約300万円 財産     特になし <最終的な結果>  ご本人は,派遣社... 続きはこちら≫

2021年06月03日

NO.351 債務整理 ⇒ 破産申立

<事案>  お父様が会社でリストラされ生活費がなく、お母様も体調を崩し、会社に就職したものの、体調を崩し、失業の末、破産手続きで救済された事案 <依頼に至る経緯>  依頼者様は結婚し、子供が生まれた後、離婚に至りました。依頼者様は、シングルマザーで可能な限り仕事をして生活をしてきましたが、元夫からの支援がなく、生活は厳... 続きはこちら≫

2021年05月27日

NO.350 債務整理 ⇒ 浪費と破産免責

<事案>  オンラインゲームでの課金を繰り返し,免責(注1)に問題はあるが同時廃止事件(注2)として申立をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数  4社 残債務額  約400万円 浪費額   約150万円 <最終的な結果>  友人と参加していたオンラインゲームでの課金額が増え,クレジットカードで決済することで借入が増... 続きはこちら≫

2021年05月13日

NO.343 債務整理 ⇒ 破産申立と自由財産

<事案>  破産申立で保険につき自由財産拡張申立(注1)をした事案。 <解決に至るまで> 債権者数  11社 残債務額  2750万円(住宅ローン残債務を含む) 財産    自由財産拡張財産:保険解約返戻金70万円 <最終的な結果>  ご本人は,ご自宅を残すことを希望したので,住宅特則付き個人再生手続(注2)での解決を... 続きはこちら≫

債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談 初回相談料 0円 TEL:0120-115-456 受付時間:10:00~19:00 メール受付